国立新美術館所蔵資料に見る1970年代の美術—— Do it! わたしの日常が美術になる

安齊重男「グループ361° 1973年9月 多摩川、東京」1973年
©Estate of Shigeo Anzaï

展覧会概要

国立新美術館の主要資料である安齊重男の写真をガイドラインに、当館のアーカイブに所蔵されている美術関連資料を紹介する小企画展です。1960年代後半以降、新たに生まれた芸術の動向は、写真や映像、印刷物や郵便による通信、イヴェントやパフォーマンス等により、多様化していきます。本展では、70年代にコピー(ゼロックス)やビデオなどの自主的なメディアを用いて仮設的な日常を記録し、表現に変えた作家たちの活動から、現在に通じる読みの可能性を紐解きます。

会 期 2022年10月8日(土)~11月7日 (月)
毎週火曜日休館
開館時間 10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会 場 国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
主 催 国立新美術館

※本展覧会は、「国立新美術館開館15周年記念 李禹煥」の連動企画です。

観覧料 無料
お問合せ 050-5541-8600(ハローダイヤル)