ワニがまわる タムラサトル

タムラサトル×川口市立前川東小学校6年生 〈われわれはワニを回す〉 2019年 川口市立アートギャラリー・アトリア 展示風景
撮影:金田幸三

タムラサトル 《スピンクロコダイル》 1994年 小山市立車屋美術館
撮影:木暮伸也

展覧会概要

開館15周年という記念の年に、現代美術家・タムラサトルの個展を開催します。代表作「まわるワニ」のカラフルな彫刻を、約12メートルの巨大なワニを中心に、大型インスタレーション作品として展開します。ユーモアに満ちたタムラの作品は、既成の価値観を揺さぶり、「アートとは何か」という問いについて考えさせてくれます。また、作家の自由で豊かな想像力に触れることで、アートを身近に感じ、子どもから大人まで楽しんでいただける展覧会です。

会 期 2022年6月15日(水)~7月18日(月・祝)
毎週火曜日休館
開館時間 10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会 場 国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
主 催 国立新美術館
展示協力 MAKI Gallery、TEZUKAYAMA GALLERY、日本大学芸術学部、宇都宮メディア・アーツ専門学校
観覧料 無料
お問合せ 050-5541-8600(ハローダイヤル)

作家プロフィール

タムラサトル(現代美術家)

1972年 栃木県生まれ。1995年 筑波大学 芸術専門学群 総合造形卒業。「まわるワニ」、「後退するクマ」、「登山する山」、「バタバタ音を立てる布」、「端数がない重量の彫刻」、「大袈裟で開放的なスイッチ」、「動き続ける図形もしくは文字」、「10回たたく装置」、「空間を最大限に使用しただけインスタレーション」などを制作・発表している。

https://www.tamurasatoru.com/

タムラサトル(現代美術家)

ワニがまわる理由は、聞かないでほしい。

大学3年の秋「電気を使った芸術装置」という課題がありました。電気に関する知識がなく未経験の分野だったため、かなり困惑しました。プラン発表の前夜、朝起きて最初に思い描いたものを作ると決めて就寝。翌朝、なぜか「ワニがまわる」という絵が浮かび、それを作ることにしました。
それは、4.5メートルのワニが毎分30回転(1994年当時)する作品で、そのわけのわからなさに、自分で作ったにもかかわらず、何か得体の知れない物に出くわしたかのような、強烈な興奮を覚えました。この時、初めて作家になるということを強く意識しました。
その後、なぜ「ワニがまわる」のか、意味を考えながら、作り続けました。その結果「ワニがまわる」ことに意味があるのではなく、「よくわからないが、なぜかワニがまわっている」という不可思議なこの状況こそが、作品の面白さの本質であることに気づいたのです。
「なぜ、ワニがまわるのか」という問いに、答えはありません。この大きな疑問を、そのまま疑問として持ち帰ってほしいと思っています。

タムラサトル

関連イベント

ワークショップ「まわるワニをつくる」

タムラサトル氏と一緒に、「まわるワニ」を作るワークショップを開催します。制作した作品は沢山のワニとともに展覧会場に展示されます。

日   時 2022年4月29日(金・祝)10:30~15:30、5月3日(火・祝)10:30~14:30
※2日間かけて制作するワークショップです。両日ともご参加いただける方のみお申し込みください。
場   所 国立新美術館 別館3階多目的ルーム
対   象 小学5年生以上 ※大人もご参加いただけます。
定   員 20名 ※事前申し込み制
参 加 費 おひとり2,000円
申し込み方法 下記の申し込みフォームよりお申し込みください。
申し込みフォーム【申し込み締切:2022年4月18日(月)12:00】 募集終了しました

※おひとりにつき1匹のワニを制作いただきます。原則として見学のみのご参加はできません。
※応募者多数の場合は、抽選で参加者を決定いたします。参加の可否については、4月19日(火)以降にEメールでお知らせいたします。
※必要事項に記入漏れがある場合、受付をお断りすることがあります。
※申し込み時にご記入いただいた個人情報を、本プログラム実施以外の目的で使用することは一切ありません。
※ワークショップの記録写真を、活動報告や広報の目的で公開する場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※制作したワニは、展覧会終了後に参加者の方へご返却します。