サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

展覧会ホームページ sunshower2017.jp


イー・イラン 《うつろう世界》

イー・イラン
《うつろう世界》(「偉人シリーズ」より)
2010年
ミマキデジタル・インクジェット・プリント、酸性染料、ろうけつ・藍染め、絹
140.5×298 cm
Courtesy: Silverlens Galleries, Makati, The Philippines

展覧会概要

人口約6億人。経済発展目覚ましい東南アジア地域の現代アートには、世界から大きな注目が集まっています。国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンターは、ASEAN(東南アジア諸国連合*)設立50周年にあたる2017年、国内過去最大規模の東南アジア現代美術展、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」を開催致します。
「サンシャワー(天気雨)」は、晴れていながら雨が降る不思議な気象ですが、熱帯気候の東南アジア地域では頻繁にみられます。また、植民地主義以降の20世紀後半、冷戦下の戦争や内戦、独裁政権を経て近代化や民主化を迎え、近年では経済発展や投資、都市開発が進むなど、さまざまな政治的、社会的、経済的変化を遂げてきたこの地域の紆余曲折とその解釈の両義性に対する、詩的なメタファーでもあります。
多民族、多言語、多宗教の東南アジア地域では、じつにダイナミックで多様な文化が育まれてきました。本展では、自由の希求、アイデンティティ、成長とその影、コミュニティ、信仰と伝統、歴史の再訪など、東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を複数の視点から掘り下げ、国際的な現代アートの動向にも照らしながら、そのダイナミズムと多様性を紹介します。
*2016年11月現在、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスの10カ国が加盟

会 期 2017年7月5日(水)~10月23日(月)
会 場
(2館同時開催)
国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
開館時間 
10:00~18:00(毎週金曜日・土曜日は21:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
休館日
毎週火曜日

森美術館
〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
開館時間
10:00~22:00(毎週火曜日は17:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
会期中無休
※詳しい情報は、森美術館ホームページをご覧ください
主 催 国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター
観覧料(税込)
  2館共通 単館
当日 前売 当日 団体
一般 1,800円 1,600円 1,000円 800円
大学生 800円 600円 500円 300円
  • 高校生及び18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は無料。
  • 障がい者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料。
  • 学生は身分証等をご提示ください。
  • 団体券は各館で販売(国立新美術館は20名以上、森美術館は15名以上で団体料金を適用)します。
  • 前売券(2館共通のみ販売)は、展覧会ホームページでお求めください。
    (販売期間については、後日、展覧会ホームページにてお知らせします。)
  • サントリー美術館、森美術館、国立新美術館で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、相互割引「あとろ割」(200円引)が適用されます。
  • 森美術館併設の展望台 東京シティビュー、屋上 スカイデッキ、森アーツセンターギャラリーへの入館は別料金になります。
巡回 2017年11月3日(金・祝)~12月25日(月)/福岡アジア美術館
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター
―2017年夏の展覧会共同開催に向け、リサーチプロジェクトが進行中!
ウェブサイト 「SEA プロジェクト」:http://seaproject.asia/