国立新美術館 Q & A

開館時間と交通案内について

Q1.開館は何時からですか?また、休館日はいつですか?
A. 通常は、午前10時から午後6時までとなっております。また、金曜日は午後8時まで夜間開館しております。
閉館の30分前までにご入館ください。休館日は以下の通りです。
○休館日
毎週火曜日
(ただし、火曜日が祝日又は祝日の振替休日となる場合は開館し、翌平日が休館となります)
展示替期間
年末年始(年度により異なります)
なお、企画展によっては特別に開館する場合があります。各展覧会の案内ページでご確認ください。その他、臨時に開館・休館することがありますのであらかじめご了承ください。
Q2. 美術館へはどのようにして行けばよいですか?
A. 東京メトロ千代田線乃木坂駅、美術館直結6出口
東京メトロ日比谷線六本木駅 4a出口から徒歩5分
都営地下鉄大江戸線六本木駅 7出口から徒歩4分
→美術館周辺地図は、こちらをご覧下さい。
Q3. 車で美術館に行きたいのですが、駐車場はありますか?
A. 美術館には駐車場はありません。周辺にある駐車場をご利用ください。なお、障害者の方の車両は、美術館西ゲート(青山公園前)におります警備員にお申し付けください。
Q4.バイクや自転車を駐める場所はありますか?
A.正門(六本木ゲート)から入り、チケットブース奥にバイク駐車場、自転車駐輪場がありますので、ご利用ください。

各種サービスについて

Q1. 乳幼児は入館できますか?
A. 乳幼児の入館制限はありません。しかし、ほかのお客様の鑑賞の妨げになるような場合には、一時展示室からご退出願う場合があることをご了承ください。
Q2. 館内にベビーカーを持ち込むことはできますか?
A. 持ち込めます。ただし館内が混雑している場合、安全のためにベビーカーのご利用をご遠慮願う場合があることをご了承ください。
Q3. ベビーカーの貸出しなどのサービスはありますか?
A. 貸出用のベビーカーを9台用意しています。ご利用希望の方は、インフォメーションまでおたずねください。
Q4. 障害者の付き添い人は、入場料金が必要となりますか。
A. 障害者の方ご本人と介護者の方(原則1名)が入場無料となります。
Q5. 車椅子を借りることはできますか?
A. 貸出用の車椅子を14台用意しています。ご利用希望の方は、インフォメーションでおたずねください。
Q6. 「友の会」のような制度はありますか?
A. ありません。
Q7. ロッカーは設置してありますか?
A. ロッカーは館内各所に設置してあります。ロッカーに入らないお荷物は1階インフォメーションにてお預かりします。
Q8.乳幼児の一時預かりサービスはありますか?
A. 毎月第2木曜・第3日曜、および第4月曜に託児サービスを実施しております。詳細はこちらをご覧ください。

企画展について

Q1. 企画展は巡回しますか?
A. 展覧会により異なります。各展覧会の公式ホームページでご確認ください。
Q2. 企画展の観覧料金はいくらですか?また、前売券・割引券はありますか?
A. 企画展の観覧料金や前売券、割引券などの各券種の設定は、展覧会により異なりますので、各展覧会の公式ホームページでご確認ください。
Q3. シニア割引はありますか?
A. シニア割引制度はありません。
Q4. 企画展に関する講演会やイベントは何かありますか?
A. 講演会や学芸員、出品作家によるギャラリートークなどがある場合があります。詳細は各展覧会の公式ホームページでご確認ください。
Q5. 企画展のカタログはどちらで購入できますか?
A. 開催中の企画展のカタログは、展覧会の会場内特設ショップで購入できます。展覧会終了後は、ミュージアムショップでの購入となります。
詳細はミュージアムショップへお問い合わせください。
ミュージアムショップ「スーベニア フロム トーキョー」(美術館B1F)
TEL:03-6812-9933
Q6. 企画展の当日券は美術館以外でも購入できますか?
A. 美術館以外でも購入できます。販売方法は、展覧会により異なりますので、詳細は、各展覧会の公式ホームページでご確認ください。

撮影について

Q1. 作品の撮影(含デジタルカメラ)はできますか?
A. 企画展での展示作品の撮影は、借用の際の契約上、原則的に禁止されております。
Q2. 美術館で写真をとりました。この写真を利用してもいいのでしょうか?
A. 特定の営利団体や会社の広報などを目的とする使用は禁止しております。
Q3. ホームページ、カタログに掲載されている作品の画像を利用することはできますか?
A. 作品の画像はホームページ上でご覧いただく以外には、著作権法で定められた私的利用の範囲を超えて利用することはできません。
カタログの図版等も同様です。
Q4. 会場でメモはとれますか?
A. 鉛筆を使用したメモをとることはできます。なお、作品を汚す恐れのあるボールペン・万年筆・毛筆等の筆記用具、絵具は使用できません。

館内施設について

Q1. 美術館にレストランはありますか?
A. 地下1・1階・2階にカフェ。3階にレストラン「ポール・ボキューズ・ミュゼ」があります。
詳しくは、株式会社ひらまつ(03-5770-8161)にお問い合わせください。
Q2. レストランは予約できますか?
A. 時間帯によっては予約を受け付けています。詳しくは、株式会社ひらまつ(03-5770-8161)にお問い合わせください。
Q3. レストランやミュージアムショップを利用するのに入館料はかかりますか?
A. 入館料はかかりません。展覧会をご覧にならない方でもご利用いただけます。無料で利用できる施設は、その他に、アートライブラリーがございます。

公募展について

Q1.公募展の作品はどこから搬出入できますか?
A. 車で作品を搬出入する際は、日本学術会議前交差点にあります西ゲートよりお入りください。正面ゲートから入ることはできません。
なお、公募展についてのお問い合わせは、主催美術団体へお問い合わせください。

その他

Q1. この美術館は、いつ建てられたのですか。また、誰が設計したのですか?
A. 国立新美術館は、黒川紀章氏と日本設計の共同体による設計で、東京大学生産技術研究所の跡地に、2002年の7月から2006年5月まで、3年半余りかけて建てられました。地震対策や環境に配慮した構造になっています。地下1階・地上4階の、この美術館の延べ床面積は約48.000m2です。
Q2. 会場に座っている人は学芸員ですか?
A. 看視業務を担当しているスタッフで、学芸員ではありません。簡単な質問にはお答えできますが、作品の保全が主な業務であるため、混雑時など、
状況によってはお答えできかねることがございます。ご了承ください。
Q3. 職員の新規採用はありますか?
A. 職員やアルバイトの採用情報は、採用が必要になった時に、当館ホームページにてお知らせ致します。
Q4.忘れ物に関するお問い合わせ
A. 当館にいる場合は、1階中央インフォメーションまでお越しください。当日外の場合は、電話にて下記までお問い合わせください。
TEL:03-6812-9927(防災センター)
Q5.博物館実習は実施していますか?
A. 実施していません。
Q6.ワークショップは子どもを対象におこなっていますか?
A. 対象はワークショップの内容によって変わります。子どもを対象としたもののほか、子どもから大人まで幅広い層にご参加いただけるワークショップも開催しています。
Q7. 美術館の会場内はどうして寒いのですか?
A. 美術館では、作品保護の観点から会場内は展示する作品に応じて、温湿度を24時間一定に保つ必要があり、特に夏場は外気より低く設定することが多いためで す。美術館で鑑賞される際は上着をお持ちいただくなど、体温調整しやすい服装でのご来館をお勧めいたします。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。