ニキ・ド・サンファル展

展覧会概要

ニキ・ド・サンファル(本名カトリーヌ・マリー=アニエス・ファル・ド・サンファル、1930-2002)は、戦後を代表する美術家のひとりです。フランスに生を受けたニキは、少女時代を過ごしたアメリカや母国フランスの抽象絵画に影響を受けるなど独自のスタイルを作り上げていきました。そして、1961年に発表した「射撃絵画」で一躍その名が知られることになります。絵具を入れた缶や袋を石膏によって画面に付着した絵画に向けて銃を放つことで完成する「射撃絵画」は、絵画と彫刻の両方の要素を兼ね備え、また制作行為そのものがパフォーマンス・アートの先駆例として美術史上高く評価されています。その後ニキは女性の表象への関心を強め、「ナナ」シリーズでは鮮やかな色彩と伸びやかな形態を用いて解放的な女性像を示し、今日まで多くの人々に愛されています。このほかにもニキは舞台や映画の制作を手がけ、また、「タロット・ガーデン」と称する彫刻庭園に代表されるように建築デザインにも積極的に取り組み、美術家として様々な活動を展開しました。そして1980年代からは、栃木県那須高原に建てられたニキ美術館創立者の故Yoko増田静江氏と交流を持ち、日本とも特別な関係を築いていきました。
2014年秋にパリのグラン・パレで開かれた大規模な回顧展では約60万人の観客を集め、大きな話題となりました。本展ではその要素を取り入れながら、国内外の主要作品を集めた日本独自の展覧会となります。初期から晩年までの多様な創作の軌跡をたどる国内史上最大規模の大回顧展です。

作品リストは こちらからご覧いただけます。

会 期 2015年9月18日(金)~12月14日(月)
毎週火曜日休館 ただし、9月22日(火)および11月3日(火)は開館、11月4日(水)は休館
開館時間 10:00~18:00 金曜日は20:00まで
入場は閉館の30分前まで
会 場 国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主 催 国立新美術館、フランス国立美術館連合グラン・パレ(Rmn-GP)、ニキ芸術財団、NHK、NHKプロモーション
後 援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協 賛 日本写真印刷
特別協力 Yoko増田静江コレクション
協 力 エールフランス航空/KLMオランダ航空
観覧料(税込)
当日 1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
前売/団体 1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)
  • 中学生以下および障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は入場無料。
  • 10月10日(土)~12日(月・祝)は高校生無料観覧日。(学生証の提示が必要)
  • 前売券は、2015年6月1日(月)から9月17日(木)まで販売。
  • チケット取扱い:国立新美術館、展覧会ホームページほか、主要プレイガイド(手数料がかかる場合があります)
  • チケットの詳しい情報は、展覧会ホームページのチケット情報をご覧ください。
  • 団体券は国立新美術館でのみ販売。(団体料金の適用は20名以上)
  • 会期中に当館で開催中の他の企画展、および公募展、またサントリー美術館、森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、本展覧会チケットを100円割引でご購入いただけます。
  • 国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を団体料金でご覧いただけます。
  • その他の割引などお得な情報はこちらをご覧ください。
  • 会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用いただけます。 クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER、電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯
お問い合せ ハローダイヤル 03-5777-8600

関連イベント

六本木アートナイト2015プログラム

「ニキ・ド・サンファル展」関連企画~映像で見るニキ
9月に大回顧展を開催するニキ・ド・サンファルの作品制作の映像を特別上映します。
※スマートフォン・カメラ等での映像の撮影は禁止
日時 4月25日(土)18:00~22:00
場所 国立新美術館 1階ロビー

記念講演会

「ニキ・ド・サンファル、境界を越えるアーティスト」
講師:カミーユ・モリノー(フランス文化財保存監督官/エヴァ・アート・ディレクター/本展監修者)
日時 9月18日(金)14:00-15:30(13:30開場)
会場 国立新美術館3階 講堂
定員 260名(先着順)
※逐次通訳あり
※聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)の提示が必要です。
※内容や日時は都合により変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

シンポジウム

「戦後美術史における女性作家の活動」
パネリスト カミーユ・モリノー(フランス文化財保存監督官/エヴァ・アート・ディレクター/本展監修者)
小勝禮子(栃木県立美術館学芸課長)
中嶋泉(広島市立大学准教授)
香川檀(武蔵大学教授)
モデレーター 山田由佳子(国立新美術館研究員/本展監修者)
ニキ・ド・サンファルは、女性の立場から社会を見つめ、伝統や既成概念に異を唱えて様々な境界を越えようとした戦後を代表する美術家のひとりです。この「ニキ・ド・サンファル展」に関連し、本シンポジウムでは日本とフランスで、戦後の女性作家の活動について調査、研究をしている研究者の発表とディスカッションにより、戦後の女性アーティストがこれまで展覧会でどのように紹介されてきたのか、あるいは、美術史の分野でどのように語られてきたのかを検証します。
日時 9月19日(土)13:30−16:40(13:00開場)
パネリスト発表 13:30−15:50
全体討議・質疑応答 16:10−16:40
会場 国立新美術館3階 講堂
定員 260名(先着順)
※聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要です。
※内容や日時は都合により変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

記念講演会

「50歳で出会った 〜Yoko増田静江とニキの友情〜」
講師:黒岩有希(元ニキ美術館 館長)
日時 10月24日(土) 14:00-15:30(13:30開場)
会場 国立新美術館3階 講堂
定員 260名(先着順)
※聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要です。
※内容や日時は都合により変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

子どもワークショップ

「ニキと遊ぼう!」
講師:向原恵子(元小学校図工専科教諭)
ニキは彫刻作品に、キラキラ光るものや、カラフルなものなどいろいろな装飾を加えています。好きな形を紙粘土で作り、ボタンやビーズやおはじきなどを埋め込んで、ニキの作品のような楽しい作品を作ってみましょう。作った作品は持ち帰ることができます。
日時 10月25日(日) 第1回 10:00 - 12:00 / 第2回 14:00 - 16:00
※1回目と2回目は同内容です。
会場 国立新美術館3階 研修室C
対象 小学生・中学生
定員 20人/1回
参加料 無料
応募方法:郵便往復はがきに必要事項をご記入の上、お申し込みください。
往信面 参加希望回: 第1回(10:00-12:00)または 第2回(14:00-16:00)
希望人数(1グループ2人まで)
代表者のご住所・電話番号
参加希望者全員の氏名・年齢
返信面 返信先の郵便番号、住所、氏名をご記入の上、下記応募先までお申し込みください。
応募先 〒359-0014 埼玉県所沢市亀ヶ谷405-1 kkcビル 菊池コーポレーション内
「ニキ・ド・サンファル」展イベント事務局 宛
申し込み締切 10月9日(金)消印有効
※はがき1枚で1グループ2人(保護者含まず)までお申し込みいただけます。
※1回目と2回目の両方へのお申込みはできません。両方にお申込みいただいた場合、当選は1回のみとさせていただきます。
※ご応募の際ご提供いただいた個人情報は抽選結果の連絡にのみ使用させていただきます。
※応募多数の場合は抽選のうえ、入場整理券をお送りします。
※当日の受付の詳細は、当選者にお知らせいたします。

取材に関するお問い合わせ

「ニキ・ド・サンファル展」広報事務局(共同PR内)
〒104-8158 東京都中央区銀座7-2-22同和ビル7階
Tel:03-3575-9823
Fax:03-3574-0316