チューリヒ美術館展
―印象派からシュルレアリスムまで

展覧会概要

スイスが誇る美の殿堂チューリヒ美術館のコレクションを、日本で初めてまとめて紹介します。出品されるのは幅6メートルにおよぶモネの大作やシャガールの代表作6点に加え、ホドラーやクレーといったスイスを代表する作家の珠玉の絵画、さらにはマティス、ピカソ、ミロといった20世紀美術の巨匠の作品など、 これまでなかなか来日の実現しなかった印象派からシュルレアリスムまでの傑作70点以上。スケッチや習作がほとんどない、まさに「すべてが代表作」といえるラインアップです。
世界的な金融都市でもあるチューリヒの富と、スイスの人々の美への慧眼を象徴するようなチューリヒ美術館展は、日本とスイスの国交樹立150年を記念する展覧会でもあります。この秋、必見の展覧会です。

チューリヒ美術館とは
スイスを代表する美術館のひとつで、中世美術から現代アートまで10万点以上の作品を所蔵しています。特に19世紀の印象派以降の近現代美術コレクションの素晴らしさで知られ、スイス出身のホドラーやジャコメッティのコレクションは世界屈指の規模を誇ります。18世紀末にチューリヒの町の芸術家や鑑定家たちが立ち上げた小さな集まりに端を発し、1910年に建物が落成したチューリヒ美術館の運営は、今日でも市とともに、2万人のチューリヒ芸術協会の会員に支えられています。2017年には新館を完成させて、スイス最大の美術館となる予定です。
会 期 2014年9月25日(木)~12月15日(月)
毎週火曜日休館 ただし、10月14日(火)は開館
開館時間 10:00~18:00 金曜日は20:00まで
入場は閉館の30分前まで
会 場 国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主 催 国立新美術館、朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日
後 援 外務省、スイス大使館
協 賛 三井物産、トヨタ自動車、大和ハウス工業、大日本印刷、チューリッヒ保険、チューリッヒ生命
協 力 スイス政府観光局、チューリヒ観光局、スイス インターナショナル エアラインズ、ルフトハンザ ドイツ航空、ルフトハンザ カーゴ AG、アクティオ
観覧料(税込)
当日 1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
前売/団体 1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)
  • 中学生以下および障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は入場無料。
  • 10月11日(土)、12日(日)、13日(月・祝)は高校生無料観覧日。(学生証の提示が必要)
  • 前売券は2014年7月21日(月・祝)から9月24日(水)まで販売。
    ※ただし、国立新美術館での販売は9月23日(火・祝)まで
  • チケット取り扱い:国立新美術館、チケットぴあ[Pコード:766-290]、ローソンチケット[Lコード:37528]、セブンチケット[セブンコード:031-959]、イープラスほか主要プレイガイド(手数料がかかる場合があります)
  • チケットの詳しい情報は、展覧会ホームページのチケット情報をご覧ください。
  • 団体券は国立新美術館でのみ販売。(団体料金の適用は20名以上)
  • 会期中に当館で開催中の他の企画展、および公募展、またサントリー美術館、森美術館(六本木アート・トライアングル)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、本展覧会チケットを100円割引でご購入いただけます。
  • 2014年10月9日(木)~12月15日(月)の期間、国立西洋美術館のホドラー展展覧会チケット(半券可)を提示された方は、本展覧会チケットを100円割引でご購入いただけます。
  • 国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を団体料金でご覧いただけます。
  • その他の割引などお得な情報はこちらをご覧ください。
  • 会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用いただけます。
    クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER、電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯
巡回情報 2015年1月31日(土)― 5月10日(日) 神戸市立博物館
お問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600

展覧会の見どころ

圧巻!すべてが代表作

モネ、セザンヌ、ピカソ、ダリ、ジャコメッティ・・・近代美術史を彩る巨匠たちの傑作や、その代表作ばかり74点が集結。その質の高さは圧巻です。

日本初のチューリヒ美術館展

スイスを代表する美術館のひとつである同館。10万点以上の所蔵作品の中から、世界屈指の近代美術コレクションの全貌を、日本で初めて紹介します。

「スイス年」にふさわしく、スイスゆかりの画家の作品を紹介

本展は、スイスと日本の国交樹立150周年を祝う「日本におけるスイス年」の重要イベントのひとつ。セガンティーニ、ホドラー、ヴァロットン、クレーら、スイスにゆかりの深い画家たちの作品群をまとめて見られる貴重な機会です。

初来日!幅6mのモネ「睡蓮」

本展“最大”の注目作は、縦2m、幅6mにおよぶモネ「睡蓮」の大作!夕暮れ時の微妙な色合いをたたえた睡蓮の池が、視界いっぱいに広がります。今回が待望の初来日です。

関連イベント

担当研究員による作品解説会

チューリヒ美術館展の見どころについて
日時 10月19日(日) 14時~15時半(開場13時半)
場所 国立新美術館3階講堂
「20世紀絵画の展開」
日時 10月19日(日) 14時~15時半(開場13時半)
場所 国立新美術館3階講堂
*定員260名(先着順)
*整理券の配布はありません
*聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要です。

スイス映画の映像紹介を交えたレクチャー

日時 11月2日(日) 14時~16時(開場13時半)
場所 国立新美術館3階講堂
講師 大傍正規 氏(東京国立近代美術館 フィルムセンター研究員)
*定員260名(先着順)
*整理券の配布はありません
*聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要です。

ワークショップ

アート de じぶんえほん

10月26日(日) 13時~16時

取材に関するお問い合わせ

「チューリヒ美術館展」広報事務局(ユース・プランニング センター)
〒150-8551 渋谷区渋谷1-3-9 東海堂渋谷ビル3F
TEL: 03-3409-1481
FAX: 03-3499-0958
E-mail: zurich2014@ypcpr.com