国立新美術館開館5周年
与えられた形象―辰野登恵子/柴田敏雄
Given Forms―TATSUNO Toeko / SHIBATA Toshio

展覧会概要

情感に満ちた色彩豊かな画面により、現代日本を代表する抽象画家として、30年以上にわたり第一線で活躍してきた、辰野登恵子(1950生)。山野に見出される土木事業を重厚なモノクローム写真に定着した「日本典型」連作などにより、国際的にも高い評価を受けている写真家、柴田敏雄(1949生)。一見すると、表現メディアも作風も異なっている二人ですが、東京藝術大学油画科の同級生として、在学中はグループ展などの活動をともにしていたという、意外な接点を持っています。
学生時代の辰野と柴田は、同級生の鎌谷伸一とともにグループ、コスモス・ファクトリーを結成し、アンディ・ウォーホルやロバート・ラウシェンバーグの影響を受けて、写真製版によるシルクスクリーンをいち早く試みています。しかし、その後はそれぞれ異なった活動領域に専念していくことになったため、両者の共同活動は、1995年に東京の画廊で行った二人展を数えるのみでした。とはいえ、二人の芸術には見過ごしにすることのできない共通点があるように思われます。それは、外部世界のなかに見出された偶然的な形象から出発しながら、高度な抽象性をもった、造形的に自律した作品を生み出していることです。
展覧会では、1970年代の学生時代から現在に至る、二人の作品の中から、代表的な作品やシリーズを精選し、基本的にはそれぞれの作家の特質を明らかにしながら、時折は両者の作品を併置し、ポップ・アートとミニマル・アートの影響を受けて自己を形成した最初の世代が、質の高い独自の芸術を作り上げていった様を紹介いたします。

会 期 2012年8月8日(水)~ 10月22日(月)
毎週火曜日休館
開館時間 10:00 ~ 18:00(金曜は10:00 ~ 20:00)
※入場は閉館の30分前まで。
会 場 国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主 催 国立新美術館、読売新聞社
観覧料(税込)
当日券 1,000円(一般)、 500円(大学生)
前売券 800円(一般)、 300円(大学生)
団体券 800円(一般)、 300円(大学生)
  • 高校生、18歳未満の方および障害者手帳をご持参の方(付き添いの方1名を含む)は無料。
  • 団体券は国立新美術館のみで販売。
  • 会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館、森美術館(六本木アート・トライアングル)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、団体料金が適用されます。
  • 前売券および当日券は、チケットぴあ(Pコード:765-197)、ローソンチケット(Lコード:34459)でも取り扱っています。(手数料がかかる場合がございます)
  • 前売券は2012年6月6日(水)から8月7日(火)まで販売。(ただし国立新美術館では8月6日(月)まで)
  • 国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を団体料金でご覧いただけます。
  • 会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネーがご利用いただけます。クレジットカード:UC, MasterCard, VISA, JCB, AMEX, Diners Club, DISCOVER 電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ) など。
  • 開催情報は変更となる場合があります。最新の情報は当館ホームページ、ハローダイヤルでご確認ください
お問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600

関連イベント

アーティスト・トーク

「マイ・フェイヴァリッツ」
辰野登恵子×柴田敏雄
9月15日(土) 午後2時-3時半 (午後1時半開場)当館3F講堂 先着230名
*聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要となります。
「与えられた形象」展の出品作家である辰野登恵子さんと柴田敏雄さんによるアーティスト・トークを開催いたします。
お二人に、それぞれ、相手の出品作品の中で好きなもの、気になるものを何点か選んで、感じたことや考えたこと、聞きたいことを語っていただき、それに対し て作者が答えるかたちで進行します。対話を通じて、それぞれの作品の魅力や、思いがけない見方、創作の秘密が明らかになるでしょう。ご期待下さい。

取材に関するお問い合わせ

国立新美術館 広報担当
Tel: 03-6812-9925 Fax: 03-3405-2532 e-mail: pr@nact.jp