「チューリヒ美術館展」関連ワークショップ
アート de じぶんえほん

募集は終了しました

びじゅつかんで出会う、たくさんの絵。
その絵と、じぶんとで、物語をつくってみよう。
絵と絵と絵とじぶん。どんな絵本がうまれるのかな。

みんな一度は手にしたことがある“絵本”。ページをめくると、ハラハラドキドキの大冒険や、心あたたまる家族の日常、へんてこな生き物が登場する昔話など、胸にひびく物語が絵によってつづられています。想像力をはばたかせるきっかけがいっぱい詰まっている、絵本の中の世界。その世界をじぶん自身でつくってみたら、どんな物語が生まれてくるのでしょう。
「チューリヒ美術館展」にあわせて開催される今回のワークショップでは、展覧会の作品から新しい物語を思いうかべて、絵本をつくります。物語の主人公は、じぶん自身。たくさんの美術作品と、あなたの想像力とのコラボレーションによって、どこにもない、じぶんだけの絵本が誕生します。さあ、想像の世界をふくらませて、「じぶん」の物語を次のページへと進めてみませんか。

チラシダウンロード

日時 2014年10月26日(日) 13:00~16:00
会場 国立新美術館 別館3階多目的ルーム他
講師 なかがわ ちひろ(絵本作家・翻訳家)
対象 小学校3年生から高校生まで
定員 20名
参加費 300円
※要事前申し込み

講師プロフィール

なかがわ ちひろ(中川千尋)
1958年生まれ。東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。文を書いた絵本に『おたすけこびと』(徳間書店)、『プリンちゃん』(理論社)、作絵の絵本や童話に『のはらひめ』(徳間書店)、『天使のかいかた』(日本絵本賞読者賞受賞/理論社)、『かりんちゃんと十五人のおひなさま』(野間児童文芸賞受賞/偕成社)、『カモのきょうだい クリとゴマ』(アリス館)、翻訳作品に『ふしぎをのせたアリエル号』(徳間書店)、『ちいさなあなたへ』(主婦の友社)、『どうぶつがすき』(日本絵本賞翻訳絵本賞受賞/あすなろ書房)など著作は150冊を超える。また、子どもが描いた絵についてユニークに解説したエッセイ『おえかきウォッチング 子どもの絵を10 倍たのしむ方法』(理論社)もある。

申し込み方法

国立新美術館ホームページの申し込みフォームまたは普通はがきでお申し込みください。

【申し込みフォームでの応募方法】
申し込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
【普通はがきでの応募方法】
必要事項を明記の上、下記申し込み先までご郵送ください。

(1)「アートdeじぶんえほん」参加希望
(2)参加者氏名(ふりがな)
(3)学年 〔例 中学1年生〕
(4)保護者氏名
(5)郵便番号、住所
(6)電話番号
申し込み先:
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
国立新美術館 学芸課 教育普及室 ワークショップ担当

申し込み締切

2014年10月14日(火)

※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※参加の可否については、10月15日以降にEメールまたは郵送にてご連絡します。
※必要事項に記入漏れがある場合、受付をお断りすることがあります。
※参加者ご本人以外の方のご見学、当日参加は固くお断りします。
※ご提供いただいた個人情報は、本事業のために使用し、その他の目的では使用しません。

問い合わせ先

TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)