ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会

ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会 メインビジュアル

展示作品は都合により変更になることがございます。

展覧会概要

もんぺからサステナブルな近未来まで、
戦後の日本ファッション史をたどる、
世界初の大規模展!

1970年代以降、日本人ファッション・デザイナーたちは世界的に高い評価を得てきました。これまで、日本のファッションは、彼らを契機に突如として誕生したかのように語られてきましたが、実際はそうではありません。明治期に日本が近代国家となり洋装を取り入れたことを契機に、第二次世界大戦後には洋装が一般的になり独自の装いの文化を展開してきました。
本展では、特に戦後の日本におけるユニークな装いの軌跡を、衣服やアイデアを創造するデザイナー(発信者)サイドと、衣服を着用し、時に時代のムーヴメントを生み出すこともあった消費者(受容者)サイドの双方向から択え、新聞、雑誌、広告など時代ごとに主流となったメディアも参照し、概観します。 これまでまとまって紹介されることのなかった、洋服を基本とした日本ファッションの黎明期から最先端の動向を、社会的背景とともに紐解く、世界初の大展覧会です。

本展の見どころ

● 戦前から現代まで、日本のファッションの歴史を通観することが出来るまたとない展覧会。
● 流行の発信者であるデザイナーから提案された服やスタイルだけでなく、その受け手である消費者の動向という両サイドの視点から構成される。
● 衣服だけでなく、当時の写真や映像、雑誌、音楽など様々なメディアを含めた当時のファッション文化を紹介。
● 国内有数の服飾コレクションを有する島根県立石見美術館、神戸ファッション美術館の2館をはじめ、ブランドやアパレルメーカーからの協力を得て各時代のアイコン的作品や資料を展示。

本展の主な出品デザイナー、ブランド一覧(順不同)

田中千代、杉野芳子、伊東茂平、桑沢洋子、森英恵、VAN、EDWARD’S、Mademoiselle NONNON、BIGI、NICOLE、MILK、ISSEY MIYAKE、KENZO、Kansai Yamamoto、JUN、ROPÉ、PINK HOUSE、Yukiko Hanai、COMME des GARÇONS、PASHU、KOHSHIN SATOH、JUNKO SHIMADA、Men’s BIGI、FICCE UOMO、Madame Nicole、yoshie inaba、JUNKO KOSHINO、YUKI TORII、hiromichi nakano、TSUMORI CHISATO、A BATHING APE®、UNDERCOVER、BEAMS、20471120、beauty:beast、FINAL HOME、UNIQLO、Hysteric Glamour、SUPER LOVERS、KEITA MARUYAMA、ATSURO TAYAMA、Masaki Matsushima Paris、ALBA ROSA、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、h. NAOTO、minä perhonen、THEATRE PRODUCTS、mintdesigns、COSMIC WONDER、SOMARTA、THERIACA、途中でやめる、matohu、Mame Kurogouchi、sacai、FUMITO GANRYU、KEISUKEYOSHIDA、AKIKOAOKI、i a i 、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎、PUGMENT、YUIMA NAKAZATO、ANREALAGE、writtenafterwards、MIKIO SAKABE 他

会 期 ※会期変更 2021年6月9日(水)~9月6日(月)
毎週火曜日休館
本展は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、展覧会準備を当初の予定どおりに行うことが不可能となったことから、2020年6月3日(水)〜8月24日(月)の会期を変更することといたしました。
開館時間 10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会 場 国立新美術館 企画展示室1E
主 催 国立新美術館、島根県立石見美術館、読売新聞社、日本テレビ放送網、BS日テレ、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
共 催 経済産業省
協 力 七彩
後 援 J-WAVE

日本博主催・共催型プロジェクト

beyond2020プログラム

観覧料(税込)
当日 1,700円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
  • 中学生以下は入場無料。
  • 障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。
  • 新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では高校生無料観覧日を実施しないことといたしました。
  • 混雑緩和のため、事前予約制(日時指定券)を導入します。チケットの詳しい情報は、展覧会ホームページのチケット情報をご覧ください。
  • 新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では団体券の販売をしないことといたしました。
  • 学校等の教育活動でのご来館についてはこちらをご覧ください。
  • 国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を学生1,000円、教職員1,500円でご覧いただけます。国立新美術館チケット売場でお求めください。
  • その他の割引などお得な情報はこちらをご覧ください。
  • 会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用いただけます。
    クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER
    電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

展覧会の構成

プロローグ│1920年代-1945年
和装から洋装へ

明治期に入ると近代化政策の一環として洋装が取り入れられた。人々は洋服を段階的に受け入れていったものの、和服を着ることを手放したわけでもなかった。1920年代から大量消費社会を迎えた都市には「モダンガール」が現れ、その姿が様々なメディアを彩った。
第二次世界大戦中の総動員体制下では、日常から公式の場まで対応できる国民服が制定され、戦局が厳しさを増すと多くの男性が国民服を着た。女性のためには婦人標準服が定められたが、実際に普及したのはもんぺだった。

1945-1950年代
戦後、洋裁ブームの到来

終戦直後、物資が少ない状況下で、人々は手元にある着物や限られた物資を材料に、更生服やもんぺを作って着た。
間もなく洋裁学校で洋服の仕立てを習うことが流行する。そこに学んだ女性たちは、製作法が掲載された洋裁雑誌、スタイルブックなどを参照し、自身で洋服を工夫して作るようになる。全国に広がった洋裁ブームは日本に洋服の普及を決定づけた。他方、1950年代後半には、映画が黄金期を迎え、「真知子巻き」や「太陽族」ファッションなど、映画をきっかけに流行が生まれた。

美しい暮しの手帖

『美しい暮しの手帖』 第一号 表紙 1948年 暮しの手帖社蔵

1960年代
「作る」から「買う」時代へ

景気が上向きに推移すると中産階級が広がりを見せ、日本でも消費拡大が起こる。
1964年の東京オリンピックを契機に、家庭にはカラーテレビの普及が進み、映画に代わってテレビが大きな影響力を持つようになる。
上質な既製服の大量生産が可能となると、洋服は徐々に仕立てるものから購入するものへと変化した。
ロンドンから始まった若者文化は日本にも飛び火し、ミニスカートや濃いアイメイクなどが流行。若い男性の間にはアメリカの大学生を模した「アイビー」スタイルが広がった。

アロハシャツ 映画「狂った果実」 衣裳

森英恵 《アロハシャツ 映画「狂った果実」 衣裳》 1956年 日活株式会社蔵 撮影:杉本和樹

1970年代
個性豊かな日本人デザイナーの躍進

海外のコレクションに参加する若手日本人デザイナーたちが登場し、世界で華々しい活躍を見せる。
東京では、気鋭のデザイナーたちが「TD6(トップデザイナー6)」を立ち上げ、「フォークロア」や「ユニ・セックス」という概念など、個人の生き方を反映する多様な装いを発信した。巷では60年代後半以降、学生運動が激しく展開され、民主主義の象徴として、Tシャツやジーンズが大流行した。
原宿は若者の街へと変貌し、雑誌 『アンアン』等の創刊もファッションへの関心を強く後押しした。

山本寛斎 × デヴィッド・ボウイ

鋤田正義/Kansai Yamamoto×デヴィッ ド・ボウイ/1973年

1980年代
DCブランドの最盛期

日本の経済成長が頂点を極めた80年代は、「感性の時代」という言葉がマスコミで頻繁に用いられた。
それを象徴するように、デザイナーの個性を打ち出した日本の衣類メーカーブランド、いわゆる「DCブランド」をまとう人が溢れた。一方、スポーツ・ウェアやボディコンシャスなシルエットも流行。低価格で高品質を追求するブランドが登場するなどファッションはさらに多様化した。
85年には国内32ブランドが参加した「東京コレクション」が開催され、日本発のファッションが一層熱気を帯びる。

88-89AW

ジュンコシマダ 《88-89AW》 1988年 Photo: Guy Bourdin

1990年代
渋谷・原宿から発信された新たなファッション

バブル崩壊後は「街」から多くの流行が生まれた。
原宿のキャットストリートに並ぶ人気店のファッションを取り入れた「裏原系」や、渋谷を中心とした女子高生ブーム、特定の音楽動向がグルーピングされた「渋谷系」など、若者たちが主体となって新たなファッションを発信した。インターネット普及前夜であった90年代後半には、ストリートスナップ専門誌やコギャル向けなど、対象を細分化した雑誌が次々と創刊された。おしゃれな着こなしの読者モデルたちが誌面を通じて影響力を持ち、ファッションリーダーとなっていく。

FRUiTS

『FRUiTS』 8月号 No.13 表紙 1998年 個人蔵

2000年代
世界に飛躍した「Kawaii」

ストリートの動向が同時代のデザイナーたちにとって着想源となり、日本発のファッションが「Kawaii」カルチャーとして世界でも認識されるようになる。原宿を中心に、ヴィジュアル系バンドが牽引した「ゴシック系」や「ロリータ」など、西洋にルーツがあるファッションを独自に解釈したスタイルや、モテを意識した服装が流行。また、長引く不況の影響もあり、安価なファストファッションが普及し、誰もが人気のスタイルで身をつつむことが可能となった。

はわせドールワンピース

BABY, THE STARS SHINE BRIGHT 《はわせドールワンピース》 2004年 BABY, THE STARS SHINE BRIGHT蔵

2010年代
「いいね」の時代へ

2011年3月11日に東北大震災が起き、福島第一原発事故が発生。景気もさらに落ち込み、環境負荷と経済負担の少ない「サステナブル(持続可能)」な社会が目指されるようになってゆきます。ていねいな日常を重ねる「くらし系」と呼ばれるライフスタイルや、限りなくシンプルなスタイルである「ノームコア」が登場。ファストファッションは存在感を増し、リラックスしたムードのカジュアルなスタイルが時代の主流となりました。インターネットを介した個々人のやりとりが定着すると、情報発信地としての街の存在感は弱まり、時代を象徴する大規模な流行ではなく、少数の人々の共感を呼ぶ小さな動向が並在するという新たな状況が生じました。

matohu

matohu 2019-20年秋冬コレクション《雪の恵み》より
2019年 matohu ©本多康司

未来へ向けられたファッション

現在、SNSが幅広い世代に浸透したことで、都心部と地方、そして日本と世界各国の距離が縮まり、だれもが発信/受信を当たり前に行うようになりました。ウェブ上で衣類を簡単に購入できるようになると、消費サイクルも加速。今やサステナブルを考慮しない物作りは難しいとさえ言える状況になっています。そうしたなか、2020年はCovid-19(新型コロナウイルス)が全世界的な流行をみせる未曽有の事態となりました。外出制限が課せられるなか、環境汚染、人種や性による差別など、これまで社会が抱えていた問題が次々に顕在化し、そのような状況下でファッションは改めてその役割や可能性を問われることとなりました。独自性が評価されてきた日本のファッションは、未来に何を示すことができるでしょうか。

ANREALAGE

ANREALAGE ヘッドピース、ドレス「HOME」コレクションより
2021年春 夏 ANREALAGE

関連イベント

※開催日時、会場を変更する場合がございます。最新情報は展覧会ホームページにて確認ください。

Rakuten Fashion Week TOKYO 関連ファッションショー(令和2年度日本博主催・共催型プロジェクト)
FUMITOGANRYU+Yoshikazu Yamagata(writtenafterwards)ショー

山縣良和(writtenafterwards)によるインスタレーションとFUMITO GANRYUの2021年秋冬コレクションのランウェイショーを開催いたします。また、当日来場できないお客様に対しても様々な角度でお楽しみいただけるオンライン配信やスペシャルゲストをお招きします。

日時 2021年3月16日(火)18:00開場、19:00開演
主催 文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)
共催 経済産業省、国立新美術館、SHIBUYA TSUTAYA、渋谷PARCO
会場 国立新美術館
参加デザイナー 丸龍文人(FUMITO GANRYU)、山縣良和(writtenafterwards)
ショークリエイティブ・ディレクション SeiyaNakamura 2.24 INC
参加方法
  • ①オンライン視聴 上記の日時に、以下のURLにアクセスください。
    URL:https://vimeo.com/event/382363/embed
  • ②抽選で若干名をショーにご招待いたします。(立見席となります。)
    メールタイトルを「ファッション イン ジャパン展プレイベントファッションショー応募」とし、お名前、ご住所、お電話番号、ご年齢、ご希望人数を明記の上、3月12日(金)までに info@jfw.jp(一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構)宛にメールでお申し込みください。
    メール以外の方法でのお申込みはお受けいたしかねます。
    3月15日(月)までに、当選の方にのみメールでご連絡いたします。info@jfw.jp からのメールを受け取れるよう設定ください。(メールが届かない方は落選とさせていただきます。) 
  • ③アーカイブ視聴 下記URLからご覧ください。
    (ショーの音声はカットされております)
    URL:https://www.youtube.com/watch?v=cV8WETv58Xg

丸龍文人×山縣良和トークイベント

国立新美術館で初めて合同でファッションショーを開催する二人のデザイナーの意図や、ショーから始まる両者のこれからの展望を、二人をよく知る栗野氏が深堀りします。イベントはRakuten Fashion Week TOKYOオフィシャルyoutubeでライブ配信、会場も若干数一般のご招待をいたします。

日時 2021年3月21日(日) 14:00-15:00
会場 国立新美術館 講堂
登壇者 丸龍文人(FUMITO GANRYUデザイナー)、山縣良和(writtenafterwardsデザイナー/coconogacco代表)
ナビゲーター 栗野宏文(ユナイテッドアローズ上級顧問クリエイティブディレクション担当)
参加方法
  • ①オンライン視聴 上記の日時に、Rakuten Fashion Week TOKYOのWEBにアクセスください。
    URL:https://rakutenfashionweektokyo.com
  • ②抽選で若干名をご招待いたします。
    メールタイトルを「3月21日トークイベント応募」とし、お名前、ご住所、お電話番号、ご年齢、ご希望人数を明記の上、3月18日(木)までにinfo@jfw.jp(一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構)宛にメールでお申し込みください。3月19日(金)までに当選の方にのみメールでご連絡いたします。
    ※メール以外の方法での受付はいたしかねます。
    ※info@jfw.jpからのメールを受け取れるよう設定ください。(メールが届かない方は落選とさせていただきます。)
  • ③アーカイブ視聴 下記URLからご覧ください。
    URL:https://www.youtube.com/watch?v=vn_ZOhjH0Jw&t=438s

「ファッションとメディア」 *オンライン配信のみ

公開日 2021年7月1日(木)
登壇者 宮智泉(読売新聞東京本社編集委員)、原由美子(ファッションディレクター)、 西谷真理子(京都清華大学客員教授)、小湊千恵美(FASHION SNAP.COM ファッションディレクター)
視聴先 オンライン視聴 以下のURLに公開いたしますので、アクセスしてご覧ください。
視聴URL:https://vimeo.com/user/119070984/folder/4473659

「ライフスタイルの提案 雑誌『POPEYE』とビームス」 *オンライン配信のみ

開催日 2021年7月3日(土)14:00~15:30
登壇者 石川次郎(エディトリアルディレクター)、設楽洋(ビームス代表取締役)、中村のん(スタイリスト)
MC クリス智子(ラジオパーソナリティ)
視聴先

「ファッションのグローバル化と日本」 *日・英バイリンガル/オンライン配信のみ

1. 越境するきものと和装
2. 刺しゅう入り衣料のグローバルなつながり:コートとスカジャン
3. 英国のファッション教育に導入された日本美学

公開日 2021年7月23日(金)
登壇者 高木陽子(文化学園大学教授)、サスキア・トゥーレン(同助教)、 サラ・チャン(英国ロイヤル カレッジオブ アートデザイン歴史部門プログラム統括)、 エリザベス・クレーマー(英 ノーサンブリア大学上級講師)、 ジェニー・ヒューズ(デザイナー、英国UCA大学服飾デザイン上級講師)
共催 Transboundary Fashion Seminar 7.1
視聴先 オンライン視聴 以下のURLに公開いたしますので、アクセスしてご覧ください。
視聴URL:https://vimeo.com/user/119070984/folder/4473659
本セミナーは JSPS 科研費 21K00237 の助成を受けたものです。
This seminar was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 21K00237.

「日本のメンズファッション」

開催日 2021年8月7日(土) 14:00~15:30(予定)
登壇者 石津祥介(ファッションディレクター)、百々徹(大阪成蹊短期大学教授)、 デーヴィッド・マークス(ライター、『AMETORA』著者)
MC 河合正人(ファッション書籍プロデューサー)

YUIMA NAKAZATO FASHION PROGRAM「10代と考える、ファッションと未来」 *オンライン開催

中里唯馬氏を講師に招き、ファッションの現在と未来について共に考える対話型ウェビナーを開催します。講師が中高生だった頃からファッションデザイナーになるまでについてのトークをはじめ、中高生の考える「未来のファッション」のデザイン画講評など、双方向的にファッションのこれからについて語り合うプログラムです。参加する中高生以外の方も、ウェビナーをご視聴いただくことができます。詳しくは こちら をご覧ください。

開催日 2021年8月22日(日) 14:00~16:00(予定)
講師 中里唯馬(YUIMA NAKAZATO)
対象/定員 ①講師と対話する参加者:ファッションに興味のある中学生・高校生/7名
②ウェビナー視聴者:どなたでも/300名
参加方法 事前申し込み制 ※詳細は こちら
(申込期間:①7月19日(月)~8月5日(木)
②8月10日(火)~8月18日(水))