DOMANI・明日2020 傷ついた風景の向こうに

日高理恵子 《空との距離XIII》 2017年 作家蔵
©Rieko Hidaka, Courtesy of Tomio Koyama Gallery, Photo by Kenji Takahashi

展覧会概要

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家が海外の関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(在研)」を1967年度から実施しており、すでに半世紀を経過しました。美術分野では、そうした研修の成果発表の機会として1998年から「ドマーニ・明日展」を開始し、今年度で第22回目を迎えます。国立新美術館を会場に、天井高に恵まれた空間での大規模なグループ展で、文化庁による新進作家育成プログラムで海外に送り出した人材を、日本のアートシーンにプレゼンする機会になることを目指してきました。
今回は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック年の冒頭にあたるため、国が展開する「日本博2020」のプログラムに参画する特別版となりました。「日本博」関連展に共通するテーマ「自然」を受け、「傷ついた風景の向こうに/ Landscapes in Our Age: Scarred and Reborn」をサブタイトルに、多世代から精選した11名の作家によるグループ展とします。2010年前後に研修を終えた作家に加え、芸術選奨やメディア芸術祭など文化庁が関わる事業からも招き、いまの日本のアクチュアルな、かつ国際的にひらかれた自然観を浮かび上がらせます。
「傷ついた風景」「風景に生きる小さきもの」「庭へ」「自然の摂理、時間の蓄積」などのテーマ設定で、展示を構成します。

会 期 2020年1月11日(土)~2月16日(日)
毎週火曜日休館
※ただし、2月11日(火・祝)は開館、2月12日(水)は休館
開館時間 10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会 場 国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
主 催 文化庁、国立新美術館
協 力 日本航空、アワガミファクトリー、㈱カラーサイエンスラボ、㈱トップアート鎌倉、タカ・イシイギャラリー、ミヅマアートギャラリー
制 作 アート・ベンチャー・オフィス ショウ
観覧料(税込)
当日 1,000円(一般)、500円(大学生)
前売/団体 800円(一般)、300円(大学生)
  • 2020年1月11日(土)は入場無料。
  • 高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料。
  • 障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。
  • 団体券は国立新美術館でのみ販売(団体券の適用は20名以上)
  • 前売券は、展覧会ホームページ(オンラインチケット)、 ローソンチケット(Lコード:32559)、 イープラスでお求めください。
    (2019年12月1日(日)から2020年1月10日(金)までの販売。以降は当日券のみの取扱い。手数料がかかる場合があります)
  • 会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館および森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、団体料金が適用されます。
  • 国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を団体料金でご覧いただけます。
  • その他の割引などお得な情報はこちらをご覧ください。
  • 会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用いただけます。
    クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER
    電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯
お問合せ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
取材に関するお問合せ 「DOMANI・明日展」 広報事務局(アート・ベンチャー・オフィス ショウ内) 担当 市川・福間
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-18-8-301
Tel:03-3485-7866
Fax:03-3485-7851
E-mail:avo-shou.pr@ktd.biglobe.ne.jp
(平日10:00~18:00)

関連イベント

アーティストトーク

「からだと風景の傷をめぐって」

出演 石内都(本展出品作家)、千早茜(小説家)
日時 2020年1月12日(日)14:00-15:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

「ふたりの栗林」

出演 栗林慧(本展出品作家)、栗林隆(本展出品作家)
日時 2020年1月12日(日)16:00-17:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

「音の空間から、絵の空間から」

出演 日高理恵子(本展出品作家)、細川俊夫(作曲家)
日時 2020年1月13日(月・祝)14:00-15:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

「歴史の痕跡をめぐって」

出演 米田知子(本展出品作家)、藤村里美(東京都写真美術館学芸員)〔予定〕
日時 2020年1月18日(土)14:00-15:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

「佐藤雅晴尾行」

出演 青山悟(アーティスト)、鬼頭早季子(トーキョーアーツアンドスペース学芸員)
日時 2020年1月18日(土)16:00-17:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

「広島と写真をめぐって」

出演 藤岡亜弥(本展出品作家)、加治屋健司 (美術史家、東京大学大学院准教授)
日時 2020年1月19日(日)14:00-15:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

「長崎と彫刻をめぐって」

出演 森淳一(本展出品作家)、小田原のどか(彫刻家、彫刻研究)
日時 2020年1月19日(日)16:00-17:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

「彫刻と風景」

出演 淀井彩子(画家、若林奮夫人)、神山亮子(府中市美術館学芸員)
日時 2020年1月25日(土)14:00-15:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

「かわる風景」

出演 宮永愛子(本展出品作家)、港千尋(写真家、著述家、多摩美術大学教授)
日時 2020年2月9日(日)16:00-17:30
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

テーマ対談

「傷ついた風景の向こうに:藤田嗣治の戦争画と丸木位里・丸木俊《原爆の図》から現在を考える」

日時 2020年2月1日(土)14:00-15:30
出演 岡村幸宣(原爆の図丸木美術館学芸員)、林洋子(本展企画者)
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

ダンスパフォーマンス

「猿とモルターレ」より抜粋

日時 2020年2月8日(土)17:00-18:00
出演 砂連尾理(振付家、ダンサー、海外研修・2008年ベルリン)、垣尾優(振付家、ダンサー)、西川文章 (音楽家、サウンドエンジニア)
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

文化庁新進芸術家海外研修(短期)報告会

「40日間研修の魅力と可能性」

日時 2020年1月25日(土)16:00-17:30
出演 笹川治子(美術家、海外研修・2019年ドイツ)、見増勇介(デザイナー、海外研修・2019年アムステルダム)
会場 国立新美術館 企画展示室2E内イベントスペース

注意事項(全イベント共通)
*聴講は無料ですが、展示室の入場には本展の観覧券が必要です。申込不要。
*トーク中の写真・動画の撮影、録音はご遠慮ください。
*都合により開催日時や内容が変更となる場合があります。随時HPでお知らせしますのでご確認ください。
*混雑状況により入場できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。