アートライブラリー「話のたね」

アートライブラリー(美術館3階)の特集コーナー「話のたね」では、そのときどきの話題やニュースからテーマをひとつ設けて、当館所蔵資料をご紹介しています。

今回展示されている資料のリストは、こちらからご覧いただけます。

第43回「描かれた怪異~幽霊・妖怪・鬼」(2019年7月31日~)

「妖怪ウォッチ」に「ゲゲゲの鬼太郎」、夏にはおばけ屋敷が大盛況と、日本人はおばけが大好き。今年4月には、日本初となる妖怪博物館が広島県三次市にオープンしました。今回の「話のたね」では、「描かれた怪異」をテーマに、中世の地獄絵を始め、江戸時代の北斎や国芳などの浮世絵に描かれた怪異、水木しげるの妖怪、現代アートの幽霊画や怪異絵などの展覧会カタログや図書を集めました。
暑い夏をひんやりとさせるこれらの本を、ぜひ涼しいアートライブラリーでご覧ください。

第42回「北欧デザイン」(2019年5月8日~7月29日)

2019年は、日本・フィンランド外交関係樹立100周年にあたります。フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークら北欧諸国が生み出す北欧デザインは、ユニークでありながらどこか親しみやすさを感じさせ、暮らしを軽快に明るくする魅力を持っています。今回は、家具や食器などを中心に暮らしのなかの北欧デザインに関する展覧会のカタログや図書などを集めました。改めてこの機会に北欧デザインの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

過去のテーマ一覧

平成30年度
  1. 第41回「平成の時代にみる皇室と美術」(2019年2月6日~5月6日)
  2. 第40回「猫」(2018年11月7日~2019年2月4日)
  3. 第39回「刀剣」(2018年8月8日~11月5日)
  4. 第38回「手塚治虫:生誕90周年」(2018年5月9日~8月6日)
平成29年度
  1. 第37回「明治維新150周年 幕末生まれの洋画家たち」(2018年1月31日~5月7日)
  2. 第36回「荒木経惟」(2017年10月4日~2018年1月29日)
  3. 第35回「黒川紀章関連資料」(2017年5月10日~10月2日)
平成28年度
  1. 第34回「記念碑(モニュメント)に見る近現代日本」(「資料展示」との連動企画)(2016年10月19日~2017年5月8日)
  2. 第33回「ダダ関連資料紹介―日本のダダを中心に―」(在日スイス大使館後援)(2016年7月6日~10月17日)
  3. 第32回「乗りもののデザイン」(2016年4月13日~7月4日)
平成27年度
  1. 第31回「Shasin:日本の写真の近況」(2015年10月28日~2016年4月13日)
  2. 第30回「日韓現代美術展カタログ」(2015年6月10日~10月26日)
平成26年度
  1. 第29回「『展覧会』を再構成する~近年の展覧会と研究の事例から~」(2015年2月4日~6月8日)
  2. 第28回「特撮」(2014年8月20日~2015年2月2日)
  3. 第27回「ブラジルのアート」(2014年5月28日~8月18日)
平成25年度
  1. 第26回「『3.11以後のアート』を考えるために」(2014年3月12日~5月26日)
  2. 第25回「近代オリンピックと芸術」(2014年1月15日~3月10日)
  3. 第24回「雑誌について」(2013年9月25日~2014年1月13日)
  4. 第23回「図書館建築」(2013年7月17日~9月22日)
  5. 第22回「山岸信郎氏旧蔵資料」(2013年4月22日~7月15日)
平成24年度
  1. 第21回「『アンビルト』―イメージの建築史」(2013年1月23日~3月31日)
  2. 第20回「『修復』を考える」(2012年10月3日~2013年1月21日)
  3. 第19回「カタログ・レゾネ」(2012年6月27日~10月1日)
平成23年度
  1. 第18回「東京駅丸の内駅舎と近代の洋風建築」(2012年3月28日~6月25日)
  2. 第17回「現代アートが創る絵本たち」(2011年11月30日~2012年3月26日)
  3. 第16回「追悼 針生一郎、多木浩二、瀬木慎一、中原佑介―『美術批評』が生んだ戦後の美術批評家たち―」(2011年8月31日~11月28日)
  4. 第15回「国際美術展!!」(2011年5月11日~8月29日)
平成22年度
  1. 第14回「美術品にまつわる犯罪とアートマーケット」(2010年12月6日~2011年5月9日)
  2. 第13回「荒川修作」(2010年10月13日~12月5日)
  3. 第12回「環境と現代のアート」(2010年8月11日~10月11日)
  4. 第11回「万博のパビリオン」(2010年6月17日~8月9日)
  5. 第10回「プリツカー賞」(2010年4月9日~6月16日)
平成21年度
  1. 第9回「メディア芸術―日本のマンガやアニメに関する資料」(2010年1月13日~4月8日)
  2. 第8回「バウハウス設立90周年」(2009年10月10日~2010年1月11日)
  3. 第7回「ココ・シャネル」(2009年8月5日~10月9日)
  4. 第6回「世界に影響を与えるアーティスト」(2009年6月9日~8月3日)
平成20年度
  1. 第5回「新進作家を紹介するシリーズの展覧会―全国の国公立美術館による」(2009年3月4日~6月7日)
  2. 第4回「情報資料室インターン生 活動紹介:ANZAÏフォトアーカイブと展覧会カタログ調査」(2009年1月7日~3月2日)
  3. 第3回「六本木周辺の建物」(2008年10月15日~12月26日)
  4. 第2回「美術館へ行こう!~資料でめぐる美術館~」(2008年8月5日~10月14日)
  5. 第1回「『ターナー賞』受賞者関連資料」(2008年5月29日~8月4日)