六本木アートナイト2017関連企画
アーティスト・ワークショップ「日々の亡霊」

吉本直子 《日々の亡霊》

吉本直子 《日々の亡霊》

古くなって着なくなったシャツを皆さんどうしていますか?捨ててしまったり、リサイクルされたりしているでしょうか。シャツを手放す時、ほんの少し、そのシャツの思い出がよみがえって、手放すのを一瞬躊躇するような経験はないでしょうか。アーティスト吉本直子はそうした古着に刻まれた日常の記憶を解体し、永遠とも生死のはざまともいえる円環に戻す作品「日々の亡霊」を制作しています。
このワークショップでは、この「日々の亡霊」のインスタレーション展示をきっかけに、実際に古着となったシャツとその記憶を持ち寄っていただき、アーティストの制作を追体験することで、参加者自身が何か新しい視点をもてるような機会にしたいと思います。

日時 2017年9月30日(土)13:00~16:00
会場 国立新美術館 別館3階多目的ルーム 他
講師 吉本直子(アーティスト)
対象 一般(小学4年生以上)
定員 20名 ※事前申し込み制※事前申し込み制、先着順
参加費 無料
持ち物 古着のシャツとシャツにまつわる思い出(シャツは平織で綿か麻100%に近いもの。ニット、合成繊維、形状記憶繊維は不可)、布用の裁ちばさみ

講師プロフィール

吉本直子(よしもと なおこ)
1972年兵庫県生まれ。文化庁新進芸術家海外留学制度派遣研修員およびポーラ美術振興財団在外研修員として英国に滞在。古着に残された記憶を掬い上げ、「生」や「死」に想いを馳せる作品を制作。主な展覧会は「吉本直子Reflection Space-鼓動の庭」(2012、愛知県美術館)、「16th DOMANI明日展 未来を担う芸術家たち」(2013、国立新美術館)、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(2015、新潟)など。現在、京都を拠点に活動中。

申し込み方法

国立新美術館ホームページの申し込みフォームより、2017年8月23日(水)15:00から9月15日(金)9月25日(月)15:00までの期間に申し込み手続きを行ってください。

受付終了しました

※申し込みフォームを公開する時間は予告なく変更になる場合があります。
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。※応募が定員に達した場合は、締切日前であっても受付を終了させていただきます。
※参加の可否については、9月15日9月22日以降にEメールでご連絡します。
※必要事項に記入漏れがある場合、受付をお断りすることがあります。
※参加者ご本人以外の方のご見学、当日参加は固くお断りします。
※申し込み時にご記入いただいた個人情報はワークショップ実施のために使用し、それ以外の目的で使用することはありません。

問い合わせ先

TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)

国立新美術館の教育普及活動は、キヤノン株式会社より御支援をいただいています。