六本木アートナイト2017
2017年9月30日(土)~10月1日(日)

※9月30日(土)、10月1日(日)は22:00まで開館

国立新美術館開館10周年 特別プログラム

■「国立新美術館開館10周年 高木正勝VIDEO WORKS」

国立新美術館の開館10周年を記念し、世界的に活躍する映像作家の高木正勝氏の初期から現在までの映像作品を抜粋しオムニバス形式で展示します。ロビーのコーンに投影される高木氏が創り出す世界と、黒川紀章氏による巨大なコンクリート建築との対話をお楽しみください。※写真撮影不可

日時 9月30日(土)18:00~22:00
場所 国立新美術館 1階ロビー 正面入口付近
観覧料 無料
高木正勝 《うたがき》
チラシダウンロード

■「国立新美術館開館10周年 STAMP RALLY」

六本木アートナイト2017および国立新美術館開館10周年記念プログラムとして、 スタンプラリーを開催いたします。「新」 のロゴスタンプ4色を集めた方全員に、 国立新美術館のロゴをデザインした缶バッジをプレゼント!

日時 9月30日(土)11:00~プレゼントが無くなり次第終了
※スタンプラリーの台紙配布は15:00まで。プレゼントの缶バッジの配布は16:00まで。
受付 国立新美術館1階 中央インフォメーション横
参加料 無料

■「未来の10色」ポスター特別展示

国立新美術館は2017年1月21日(土)に開館して10年を迎えました。 9月30日(土)には、 この日だけのフォトスポットとして開館10周年を記念して制作した 「未来の10色」ポスター10枚を特別展示いたします。

■「未来の10色」ポストカードをプレゼント

9月30日(土)にご来館いただいたお客様には「未来の10色」のポストカードを配布いたします。※無くなり次第終了

国立新美術館 特別プログラム

■「日々の亡霊」

○インスタレーション
約300着の白い古着のシャツによるインスタレーション。シャツとしての役割を終え、次の役割が始まるまでを静かに待つ輪廻転生のイメージとも、多様な他者と緩やかに交じり合う共生のイメージともとれます。国立新美術館のエントランスの高さを利用したインスタレーションになる予定です。

日時 9月29日(金)10:00~10月2日(月)18:00 ※9月30日(土)、10月1日(日)は22:00まで
場所 国立新美術館 1階ロビー 正面入口付近
観覧料 無料
制作 吉本 直子
吉本直子 《日々の亡霊》

○ワークショップ
アーティスト吉本直子を講師に、古着に残された記憶と時間をたどるワークショップです。出来上がった作品は国立新美術館のロビーに飾られた吉本直子の作品「日々の亡霊」とコラボレーション展示をします。※写真撮影不可

日時 9月30日(土)13:00~16:00
場所 国立新美術館 別館3階多目的ルーム 他
参加料 無料 (要事前申し込み。詳細はこちら。)
定員 20名
講師 吉本 直子 (アーティスト)

■TOKYO_ANIMA! 2017 『おと〜きょ〜あにま!』

「音は、ふしぎの入り口だ。」
今年の「TOKYO_ANIMA!」は『おと〜きょ〜あにま!』大きなスクリーンで、”音”と”動き”のふしぎな世界を体感しよう!
途中入退場OKだから、小さなお子様も楽しめます。※写真撮影不可

日時 9月30日(土)①11:00~11:45、②13:30~14:15、③15:00~15:50
10月1日(日)①11:00~11:45、②13:30~14:15、③15:00~15:50
※上映時間は変更になる場合があります。
会場 国立新美術館 3階 講堂
観覧料 無料 (当日整理券配布あり)
定員 各回260名
特設ホームページ http://www.tokyo-anima.com
姫田真武 《なにぬねのの》

<期間中の展覧会>

■サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター主催による、ASEAN設立50周年を記念する過去最大規模の東南アジア現代美術展。東南アジアにおける1980 年代以降の現代アートの発展を9つの視点から掘り下げ、そのダイナミズムと多様性を紹介します。会場は国立新美術館と森美術館の二館で、初の共同開催展となります。

会期 7月5日(水)~10月23日(月)
会場 国立新美術館 企画展示室2E
開館時間 10:00~18:00
※毎週金曜日・土曜日は21:00まで
※「六本木アートナイト2017」開催に伴い、9月30日(土)、10月1日(日)は22:00まで開館延長
※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週火曜日
観覧料 【2館共通】 一般 1,800 円 / 大学生 800 円
【単館】 一般 1,000 円 / 大学生 500 円 
展覧会ホームページ http://sunshower2017.jp

■国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展―挑戦―

建築家 安藤忠雄の壮大な挑戦の軌跡と未来への展望を6つのセクションに分けて紹介。展示室内では安藤建築の原点と言える「住宅」代表作品や「直島×安藤忠雄」の30年間を俯瞰する空間インスタレーションの展示を行い、野外展示場では代表作《光の教会》を原寸大で再現します。

会期 9月27日(水)~12月18日(月)
会場 国立新美術館 企画展示室1E+野外展示場
開館時間 10:00~18:00
※毎週金曜日・土曜日は20:00まで
※「六本木アートナイト2017」開催に伴い、9月30日(土)、10月1日(日)は22:00まで開館延長
※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週火曜日
観覧料 一般 1,500 円 / 大学生 1,200 円 / 高校生 800円
展覧会ホームページ http://www.tadao-ando.com/exhibition2017/