ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ [3F] 創造
ムッシュ ポール・ボキューズのフィロソフィーを受け継いだ気軽なレストラン

Concept

フランス・リヨン近郊のコロンジュ・オ・モン・ドール村。ここに、ミシュランの三ツ星を50年以上取り続ける世界最高峰のレストラン「ポール・ボキューズ」があります。2018年1月20日、巨匠ムッシュ ポール・ボキューズが91歳の生涯を終えられました。

フランス料理の素晴らしさを後世に伝えるため、リヨンを拠点にレストラン、ホテル、学校や財団を創設し、ボキューズ・ドールの創設者として、才能ある人材のスカウトマンとして、現代フランス料理の発展に全精力を傾けた、ムッシュ ポール・ボキューズ。フランス料理の扉を世界に開け放ち、「料理人」という職業を知らしめ、フランス料理の評価を高めることに成功した初めての料理人と言っても過言ではありません。今、世界中でフランス料理が食べられるのは、ムッシュ ポール・ボキューズのおかげであり、その功績は計り知れません。

ムッシュ ポール・ボキューズは、一方で、地元の人々が普段使いできる場所として、上質なフランス料理を手頃な価格で提供する「ブラッスリー」をリヨン市内に構え、素材にこだわったフランス料理を提供し続けました。現在、市内を東西南北にブラッスリー 「Le Nord(ノード)」、 「LʼEst(エスト)」、「Le Sud(シュッド)」、「LʼOuest(ウエスト)」、古い邸宅に構えた優美なレストラン「Fond Rose」(フォンローズ)、オリンピック・リヨネのサッカースタジアムの中にある 「Brasserie Lumières」(ルミエール)など 8店舗を構え、世界中からの観光客にも絶大な人気を得ています。ポール・ボキューズのフィロソフィーのもと、それぞれの料理コンセプトを掲げ、個性豊かな料理が提供されます。

ムッシュ ポール・ボキューズの料理の基本は、良い素材、良い火加減、良い味付け。価格が手頃でも、食材選び、火加減、ソースの味付けは常に基本に忠実で、ブラッスリーであっても質の高い料理が提供されます。

「世界中にフランス料理を広めたい」というムッシュ ポール・ボキューズの想いは、海を越えて、日本へ。パリにもない、ロンドンにもない、ニューヨークにもない、「ポール・ボキューズ」の名を冠したレストランが、2007年、ついに日本に誕生しました。その第1号店が、ここ「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」です。オリンピック・リヨネのスタジアムに併設する900㎡のBrasserie Lumiere。建築家マルチェロ・ジュリアによるデザイン空間で、伝統的なリヨンの郷土料理が提供されます。同店と類似するのが、「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」です。

天井高21m、黒川紀章による唯一無二のアート空間では、オープンから厨房を守る料理長・植田潤が、ポール・ボキューズのフィロソフィーを受け継ぎ、白身魚の軽いクネルなどリヨン料理を中心に、田舎風鴨のテリーヌ カンパーニュ風、鶏胸肉のポッシェ モリーユ茸のクリームソースなど、正統派フランス料理をご提供します。 セットメニューのほか、アラカルトや期間限定で展覧会にちなんだコラボメニューもご用意しております。

昼間はガラスウォールから明るい自然光が差し込み、夜はガラス越しの夜景が幻想的な空間を演出します。美術鑑賞後の余韻に浸りながら、おいしい料理とワインを囲み、美術館ならではの素敵な時間をお過ごしください。

Menu

ポール・ボキューズ氏の正統派フランス料理を、ブラッスリーならではの気軽なスタイルでお楽しみいただけます。
ランチタイム 11:00~16:00 (L.O.)

MENU BLANC (本日のランチセット) 2,200円(税別)
リエット、魚料理または肉料理、デザート、コーヒー
MENU ROUGE (本日のランチコース) 3,800円(税別)
リエット、前菜、魚料理または肉料理、デザート、コーヒー
※プラス500円で、季節のスープをコースに追加してお楽しみいただけます。
ディナータイム 16:00~21:00(19:30 L.O.) ※金曜日は22:00(20:30 L.O.)まで

MENU ORANGE (本日のコース) 3,800円(税別)
プティサレ、前菜、メインディッシュ、デザート、コーヒー
MENU VERT (本日のスペシャルコース) 5,500円(税別)
プティサレ、前菜、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー
アラカルト(単品) 800円(税別)~
お好きなものを選んで食べたい方にオススメのアラカルト。リヨンの伝統料理を多数取り揃えております。
メニューの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.paulbocuse.jp/musee/menu.html

ルーヴル美術館展 特別コース

ルーヴル美術館展特別コース
6,800円(税別)

【前菜】
フランス産鴨フォアグラのソテーとリゾット
ソース・モリーユ 色とりどりの野菜と共に

春
ジュゼッペ・アルチンボルド《春》1573年 © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Jean-Gilles Berizzi /distributed by AMF-DNPartcom

【魚料理】
ブラックオリーブ風味のスズキのポワレ
にんにくのクロケットとトマトのセッシェ
オレンジ風味のブールブランソース

フランス王太子、オルレアン公フェルディナン=フィリップ・ド・ブルボン=オルレアンの肖像
ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル 《フランス王太子、オルレアン公フェルディナン=フィリップ・ド・ブルボン=オルレアンの肖像》1842年 © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Angèle Dequier /distributed by AMF-DNPartcom

【肉料理】
赤ワインで煮込んだ牛頬肉ときのこのクルスティアン
じゃがいものピューレとムーレット

第2代メングラーナ男爵、ルイス・マリア・デ・シストゥエ・イ・マルティネスの肖像
フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス 《第2代メングラーナ男爵、ルイス・マリア・デ・シストゥエ・イ・マルティネスの肖像》1791年 © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Philippe Fuzeau /distributed by AMF-DNPartcom

【デザート】
桃のコンポートとジュレ ヴァニラ風味のアイスクリーム
フランボワーズのクーリー アーモンドのチュイル

ヴィーナスとキューピッド
レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン 《ヴィーナスとキューピッド》 1657年 © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom
アラカルト(単品) 800円(税別)~ 
お好きなものを選んで食べたい方にオススメのアラカルト。リヨンの伝統料理を多数取り揃えております。
メニューの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.paulbocuse.jp/musee/menu.html
営業時間 ランチ:11:00~16:00(L.O.)
ディナー:16:00~21:00(19:30 L.O.)  ※金曜日は22:00(20:30 L.O.)まで
火曜日定休(祝日の場合は翌日に振替)
席数 182席
電話番号 03-5770-8161
※ご予約は16:00より承っております。
※レストランへの入館料は一切かかりません。