となりにくらす生きもの
2018.6.13(水)- 8.20(月) @B1F SFT GALLERY

森を歩くとふと感じる気配。
茂みの向こうから聞こえる音。
見えない、けれど確かに存在する彼ら。

身近に息づく動物たちを、天然の木や布を用いて形にする安田ジョージ。
彼から生まれる動物たちはあたたかくも野生の気高さを残し、観る者を惹きつけます。
「かわいい」だけではないのは、自然や動物たちへの敬意の表れ。

本展では新作をはじめ、ドローイングと合わせた展示を行います。
この機会にどうぞごゆっくりお楽しみください。

安田ジョージ
2012年、彫刻した木と染めた布を用いて動物を中心とした立体作品を制作し始める。制作する中で「長い年月の末に土に還ってゆくものにしたい」という思いから、木や布、そして着彩のための顔料や布を染める染料なども天然の素材を用いて、身近にいる生物たちを形にする作業を日々行っている。
https://www.yasudajouji.com