しょうぶ学園 クラフト展
あなたにサンキュー
2017.11.1–2018.1.22 @B1F SFT GALLERY

鹿児島市の社会福祉施設「しょうぶ学園」によるクラフト展を開催いたします。
彼らの創り出す、自由で楽しくて、表情ゆたかな芸術。それは、支え合いながら暮らす人々の創作活動そのもの。
本展では、木工・和紙・陶芸・布の4つの工房で生まれた個性あふれる作品を多数展示販売いたします。
見て、触れて、感じることのできるこの機会に、ぜひ、じっくりとお楽しみください。

しょうぶ学園のクラフト
制作の現場に密着していると、作品を見るたびに「モノの温度」というものを感じる時がある。それは、作品のクオリティーや結果だけではなく、作品が生まれる制作過程における思いや時間である。本人の制作から自然に生まれたもの (行為そのもの) は、ポップで、クレイジーで、正直である。即興性に加えて継続的な積み重ねや反復性はまさに「できてしまうカタチ」。
そこにしょうぶ学園の芸術性が存在する。
NO FEELING/NO HEART=NO DESIGN

しょうぶ学園 フクモリシン

しょうぶ学園 SHOBU STYLE
鹿児島市の近郊、吉野大地の豊かな環境に知的障がい者支援施設として1973年に開設。利用者の感性あふれる創作の姿勢に魅せられて「与えられる」側から「創り出す」側になることを目標に、1985年から活動そのものを「工房しょうぶ」と称して従来の下請け的生産活動から、木工・陶芸・染め・織り・刺繍・和紙などのクラフト工芸活動を中心にした利用者の個性を発揮できる環境づくりに転換してきた。1995年頃からは、刺繍、音楽、絵画、造形にも、その表現活動の場を広げ、特別な能力を持つ人だけではなく、楽しくて、自由で、そのプロセスそのものが創造性のあふれるものとして、ジャンルにこだわらずさまざまな創作活動を通じて独自のものづくりを提案している。
www.shobu.jp