館長挨拶

この度、国立新美術館館長に就任しました青木保です。
初代の林田英樹館長を引き継ぎ二代目の館長になります。

当美術館は、他の国立美術館と異なり格別の収蔵品を持たない展覧会中心の美術館で、公募展、企画展、共催展の三種の展覧会を開催しています。

また展覧会カタログの収集を主とした美術関係の図書館(アートライブラリー)を有し、その他美術教育の普及活動、日本の美術情報の国際発信などの活動も積極的に行っています。これらの活動をさらに大きく発展充実させ、名実ともに日本が世界に誇る「アートセンター」としての高い評価を受けますように館員とともに努力する所存です。現代日本美術の発展、そしてアジアと世界の現代美術の発展のためにも、当館の活動を大いに役立てたいものと思っています。

当館は近年文化エリアとして注目されている東京の中心六本木に位置しています。館内にはレストランやカフェ、ミュージアムショップもあり気軽に楽しめる文化空間としてもぜひ憩いのひとときをお過ごし下さい。改めて皆様の更なるご支援を心からお願いいたします。

国立新美術館長 青木保